« Web向け物撮り講座 手抜き料理編(笑) | トップページ | 予想通り »

2004/09/29

レフ板あれこれ

 物撮りエントリーの反応をみると、皆様レフ板で光をまわす事に興味津々のご様子。
ならば、レフ板について少し解説して見ましょう。
ref1.jpg

丸い大きなレフは直径約1メートル、ロケで人物のバストショットを撮るときに重宝しております。
くるりんっとたたむと、小さくなります。
四角形のヤツは、発砲スチロールの板。状況にあわせて切る事が出来て便利。
片面に糊が付いている「貼れパネ」にアルミホイルを貼付ければ、銀レフに早変わりです。アルミホイルは、貼る前に一度クシャクシャにしてから広げて使うと光が良い具合に拡散します。

ref2.jpg
小型の自由雲台にクリップをネジ止めした物。何に使うかといいますと.....
ref3.jpg
こんな風にライトスタンドに取り付けて、自由な方向と角度で光を当てられます。
小型のライトスタンドと組み合わせれば、お花の撮影とかにも重宝します。
もちろんレフ以外にも鏡で強い光を入れたり、黒板でハレ切りに使ったりも出来ます。

ref4.jpg
銀レフの上に和紙が貼られた物。端っこの和紙がちょっと剥がれています。判り難いかな?
ラッピング用のアルミシート(ハンズとかで入手出来ます)と和紙が合わさった物を貼れパネに貼って作りました。
銀ほど硬く無く、白より強い光が入れられます。
貼れパネレフは元が発砲スチロールなので軽いし加工が簡単、何種類か作ってカメラバックに入れておくと便利ですよ。

なにも高価なレフ板を買わなくても、結構身近な物を利用出来ますよ。

|

« Web向け物撮り講座 手抜き料理編(笑) | トップページ | 予想通り »

コメント

目からウロコ情報満載です!
ありがとうございました!!

投稿: Lavande | 2004/09/29 19:16

花を撮るのにレフ板(といってもただのアクリル板)を一応持ってるんですが、未だかつて使ったことはありません。どうも使い時が難しくて。まだまだ目を鍛えなくては。

むかーし、学生の頃レフ版を持つ係(笑)は、やったことはありますが、レフも当て方でずいぶんとちがうので、外ではなかなか撮るのと光を当てるのと両方一緒にはムーリッス!o(゚Д゚)

投稿: too.cheap.jp | 2004/09/29 19:32

大きいレフ板ですね。上野公園や新宿御苑でモデルさんに
レフ板を当てているのを見かけたことがありますが、この
1/4くらいだった気がします。TVやCMの撮影はやはり
このくらい大きかったです。
アルミホイルを貼る前に一度クシャクシャにするというのは
ポインツですね。さぁ、実践、実践だ♪

投稿: usako | 2004/09/30 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24071/1548854

この記事へのトラックバック一覧です: レフ板あれこれ:

« Web向け物撮り講座 手抜き料理編(笑) | トップページ | 予想通り »