« 人体実験ちぅ | トップページ | 耳鼻科にて »

2005/10/16

東京天文台一般公開

行って参りました。
最先端の天文学を判りやすく解説して頂けましたが、同行の小学1年の小猿は、どの位理解できたことやら.......
どちらかと言えば、廊下にだーっと貼り出された(1m四方のパネルが20枚位)北斗七星付近の写真から指定された系外星雲を探すクイズとか、銀河系の4Dシアターに夢中になっておりました。
DSCF5176
写真は、日本最大の65cm屈折望遠鏡。

CARL ZEISS JENA 80年前のシロモノ。製造は当然CARL ZEISS。

個人的には、ハワイのすばる望遠鏡で観測している天体のデータをリアルタイムで解説してくれるブースに強く反応。
実際に研究されている天文学者さんが、ものすご〜くかみ砕いて解説してくれました。
どさくさに紛れて、すばる望遠鏡の画像処理の話をしたら盛り上がってしまいました。
写真家は、光を色彩で見ますが、天文学者は光を波長で見てるんだなぁ等と再認識してしまいました。
また来年も行こっと♪

DSCF5174
ちなみにこのCARL ZEISS製の望遠鏡、流石に80年前の製品となると、モーターの部品も無い上技術者も居ないため、現在ではドームが回転する以外は不動品になっているのは残念な限り。<高校生の頃は、副鏡で木星を見せて貰ったんだよな。貴重な体験でした。

|

« 人体実験ちぅ | トップページ | 耳鼻科にて »

コメント

おお、大きいCARL ZEISS。”大きな古時計”じゃないですが、今は動かないんですか・・・ちょっと残念ですね。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2005/10/17 22:06

>ゆうひぶたっくす
残念では有りますが、それも時の流れと言うもの......
三鷹の明るい空では、観測どころじゃ無いですからね。
ところで、すばる望遠鏡の観測成果を読み出したら止まりません。面白すぎます♪
http://subarutelescope.org/Pressrelease/j_list.html

投稿: へらコブラ | 2005/10/17 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24071/6421053

この記事へのトラックバック一覧です: 東京天文台一般公開:

« 人体実験ちぅ | トップページ | 耳鼻科にて »