« 赤道儀問題 | トップページ | 大陸製第二望遠鏡 »

2008/10/02

天体望遠鏡その後(セレストロンC-8&GPD2)

夏の間は、夜ごとの雷雨に悩まされ、ほとんど使うことの出来なかったC-8ですが、その間いろいろ手を加えていました。

改造点1 キャリングハンドル
C-8
C-8純正のビニールレザーのハンドルを付けたままだと、巻き付けフードが固定出来ないのでビクセンのキャリーハンドルを加工して取り付け。加工って言ってもヤスリでただ削っただけですが.......

改造点2 光軸修正ネジ交換
C-8
車で何度か運んだせいもあって、光軸が甘くなってきたので調整しようと情報を漁りました。
そんでもって、ここで見つけたアイデア。
ノーマル状態だと、カバーが付いてる上に、インチサイズの六角レンチが3本ないと調整出来ないC-8。
これじゃあイジる気も失せるので、ネジをPCケース用の物に交換しちゃいました。
これで気軽(?)に調整出来ます。

アイピース&天頂ミラー
アイピース
低倍率用のアイピースがビクセンのNPL40mmだと余りにも視野が狭くて、広視野アイピースを物色しておりました。
そんでもって、某日KYOEI東京店に中古のビクセンの天頂ミラーを買いに行ったところタッチの差で売り切れ。そしたら、「お客さん、ええモン有りまっせ〜!」と勧められたのがミードの2インチ天頂ミラー&SW40mm。
「昨日買い取りしたばかりで、まだネットに載せてないんですよ。」との事なので即買い決定。
新品に比べると滅茶苦茶お買い得でした。
そして、アイレリーフが短くてもの凄く見難かったNPL10mmに変わるべく導入されたのが、PENTAXのXF8.5mm。本来はフィールドスコープ用のアイピースですが、視野も割と広くて(60度)アイレリーフも長くて見やすい。これもKYOEIでセール品を購入。12mmも欲しいなぁ。
その前に20mm位の中倍率用も、もう少し視野の広い物にしたい所。


鏡筒用キャリングケース
C-8
鏡筒をむき出しで運ぶのに抵抗が有るのと、保管用にもケースが欲しかったのですが、アルミボックスだと4×5カメラ用でも入らないので悩んでました。
そんなとき、友人のVTRのカメラマンに教わったのがアイリスオーヤマのハードプロ HDP-640
アルミボックスの1/3の値段ですし、おまけに軽量。
中身の仕切りと中蓋を外して、折りたたんだプチプチで回りを囲って衝撃に備えてます。
でも、さすがに車のカーゴルームに乗せたままだと振動で光軸が狂うので対策を考えないと。
低反発座布団でも下に敷こうかな?


ちなみにC-8の見え味ですが、3等級が限界の府中の空でも、公害カットフィルター(KYOEIスターフィルターSC)を付けるとそれなりに観望出来ます。
導入するのに一苦労ですが......ペガスス座なんて形が良く判らないですから。
それでも、リング星雲とかアンドロメダ星雲クラスならそれなりに綺麗。

夕べ、光軸調整もしたので(し終わった頃には、補正版の結露が凄くて観望断念)週末はどっかに星見に行きたいのですが、土日共運動会なんだよなぁ......

|

« 赤道儀問題 | トップページ | 大陸製第二望遠鏡 »

コメント

こんにちわ!、世の中には同じような趣味と様々な工夫を凝らしたり考えている人が居るものと感心しています。私も貴殿と同じC8をKYOEI東京店から購入して持っています。元々は二十数年前にC8を持っていたのですが、もう年齢ですし必要ないと思い売却して仕舞いましたが、最近になって俄然思い直し、又購入してしまいました、しかし、鏡筒前部の突起した部分が邪魔になり巻きつけフードが思うように付けられない取り外そうと考えました、筒を持つ手段としてビクセンのキャリングハンドルを購入して付けようと思っています。因みに私の赤道儀はビクセンのGPD2です。ところで、前部の突起を外した後はボルトの穴が其のまま残りますが別のボルトを探し埋めた方が良いですよね?ミリサイズかな?インチサイズかな?ご指導宜しく!!

投稿: 溝越 由孝 | 2010/10/10 09:49

>溝越さま
こんにちは、オレンジ鏡筒&GPD2、私と同じ組み合わせですよ!
この組み合わせは、強度、汎用性共になかなかのバランスだと思います。同じC-8仲間、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、ボルトの穴の件ですが私はそのまんまにしております。
補正板セル側に開けられているボルト穴は、鏡筒内まで貫通はしていないので、ホコリがはいる心配もないので特に埋める必要は感じておりません。
ただ、同じオレンジC-8でも仕様に差異が有る様なので、この点はご自身の鏡筒をご確認頂いた方が良いと思います。
ちなみにネジは確かインチサイズな筈ですので、外したボルトを持参して買いに行くのが吉だと思われます。ただ、インチサイズの短いボルトって、大きいホームセンターとかでも在庫してない事が有るんですよねぇ。

ちなみに上の写真をみていただくと判るのですが、キャリングハンドルの固定ネジもインチサイズ、しかもアーレンキーで締め込むタイプなのですが、大型ホームセンターでも希望サイズのボルトは在庫してませんでしたので、ワッシャーを噛まして通常の六角ボルトで固定しています。無論強度的には問題無しですが、美しくは無いですね(笑)
キャリングハンドルの後ろ側は数ミリ削る事になるので、グラインダーとまでは行かなくても、目の粗い金属ヤスリが有ると作業が早いと思います。

それでは加工、頑張ってください!

投稿: へらコブラ | 2010/10/10 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤道儀問題 | トップページ | 大陸製第二望遠鏡 »