« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年9月28日 - 2008年10月4日

2008/10/02

大陸製第二望遠鏡

C-8&GPD2のコンビは非常に気に入っております。
20cmの集光力とGPD2の剛性は素晴らしいです。

が、お手軽とはちと言えません。

風呂上がりのベランダとかでさっと広げてぱっと見たい訳です。
で、某日、秋葉原のスターベース東京で見つけたのがコレ。
お手軽望遠鏡
スターベースオリジナル60mmスコープのアウトレット品。
(追記2008/10/07現在、スターベースのサイト上から削除されたみたいです。在庫が捌けたって事でしょうか?)
2軸微動機構内蔵なので、カメラ三脚に載せるだけで使えます。
もちろん長時間の追尾には向きませんが、さっと開いてぱっと見るのが目的なので問題は有りません。
お手軽望遠鏡
ファインダーの調整ネジと原理は一緒ですが、反対側をバネとピンで押さえてあるので、可動範囲が狭いながら動きは意外にスムーズ。

カメラ三脚をぱっと広げるだけなので、10秒で準備完了。
単体だと、天体導入し難いので、同じくスターベースでアウトレット品の5×25正立ファインダーを購入。ベース脚がプラスチックなので、ドリルで穴をあけてボルトオンで鏡筒のファインダーネジに固定。
無論60mmのアクロマートなので見え具合はそれなりですけど、価格を考えれば十分。
対物レンズには光軸修正は無し。一応それなりには合っているみたいです。
B級品ですが、販売に際しタカハシの工場で検品してあるので、性能上の問題は有りませんって言ってました。確かにドロチューブの塗装の極一部が禿げてましたが、使用上の問題は皆無です。
まあ、ドロチューブ自体の造りはお粗末ですが.........

それでも、木星の縞位はちゃんと見えますので。<Or4mmを付けると色収差が目立ってきますが.....

続きを読む "大陸製第二望遠鏡"

| | コメント (2)

天体望遠鏡その後(セレストロンC-8&GPD2)

夏の間は、夜ごとの雷雨に悩まされ、ほとんど使うことの出来なかったC-8ですが、その間いろいろ手を加えていました。

改造点1 キャリングハンドル
C-8
C-8純正のビニールレザーのハンドルを付けたままだと、巻き付けフードが固定出来ないのでビクセンのキャリーハンドルを加工して取り付け。加工って言ってもヤスリでただ削っただけですが.......

改造点2 光軸修正ネジ交換
C-8
車で何度か運んだせいもあって、光軸が甘くなってきたので調整しようと情報を漁りました。
そんでもって、ここで見つけたアイデア。
ノーマル状態だと、カバーが付いてる上に、インチサイズの六角レンチが3本ないと調整出来ないC-8。
これじゃあイジる気も失せるので、ネジをPCケース用の物に交換しちゃいました。
これで気軽(?)に調整出来ます。

アイピース&天頂ミラー
アイピース
低倍率用のアイピースがビクセンのNPL40mmだと余りにも視野が狭くて、広視野アイピースを物色しておりました。
そんでもって、某日KYOEI東京店に中古のビクセンの天頂ミラーを買いに行ったところタッチの差で売り切れ。そしたら、「お客さん、ええモン有りまっせ〜!」と勧められたのがミードの2インチ天頂ミラー&SW40mm。
「昨日買い取りしたばかりで、まだネットに載せてないんですよ。」との事なので即買い決定。
新品に比べると滅茶苦茶お買い得でした。
そして、アイレリーフが短くてもの凄く見難かったNPL10mmに変わるべく導入されたのが、PENTAXのXF8.5mm。本来はフィールドスコープ用のアイピースですが、視野も割と広くて(60度)アイレリーフも長くて見やすい。これもKYOEIでセール品を購入。12mmも欲しいなぁ。
その前に20mm位の中倍率用も、もう少し視野の広い物にしたい所。


鏡筒用キャリングケース
C-8
鏡筒をむき出しで運ぶのに抵抗が有るのと、保管用にもケースが欲しかったのですが、アルミボックスだと4×5カメラ用でも入らないので悩んでました。
そんなとき、友人のVTRのカメラマンに教わったのがアイリスオーヤマのハードプロ HDP-640
アルミボックスの1/3の値段ですし、おまけに軽量。
中身の仕切りと中蓋を外して、折りたたんだプチプチで回りを囲って衝撃に備えてます。
でも、さすがに車のカーゴルームに乗せたままだと振動で光軸が狂うので対策を考えないと。
低反発座布団でも下に敷こうかな?


ちなみにC-8の見え味ですが、3等級が限界の府中の空でも、公害カットフィルター(KYOEIスターフィルターSC)を付けるとそれなりに観望出来ます。
導入するのに一苦労ですが......ペガスス座なんて形が良く判らないですから。
それでも、リング星雲とかアンドロメダ星雲クラスならそれなりに綺麗。

夕べ、光軸調整もしたので(し終わった頃には、補正版の結露が凄くて観望断念)週末はどっかに星見に行きたいのですが、土日共運動会なんだよなぁ......

| | コメント (2)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »