« セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク42km 準備編 | トップページ | 里山用タイヤ »

2011/09/26

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク42km 2011年秋

2011618otaki1
今年も走って来ました。


レース当日は、3時頃起床。ぐっすり眠れたので寝不足感はゼロ。
先ずはお湯を沸かしてコーヒーを淹れて、朝食の準備。
321098_236303873088887_100001278289
朝飯はサラスパのペペロンチーノ、性懲りもなくカーボローディングです。
最近、山ではサラスパばっか食べてる気がするw

レース前、極力胃の負担を軽くする為早めに朝食を済ませたいって事も有るんですが、それより何より早めにう◯こを済ませたい。。。。でないと
313193_236329869752954_100001278289
王滝名物、トイレ渋滞が待ってます。実は2回行ったのですが、2回目に思いっきり巻き込まれましたww

トイレから帰着後、慌てて着替えて出発。
P9180255_2
一輪車の方、今回も参加されてました!

スタート地点までの10キロ程の登りは、シゲピンさんとくだらなすぎる話をしつつダラダラはしってウオーミングアップします。でもって、自然湖で一旦止まって記念撮影。
P9180257
明け方まで降っていた雨は完全に止み、この頃には時折日差しも出てきました。くそー、バックパックの中のレインウエア、置いてくれば良かった。

去年の9月(初参加の時)と今年の5月は物を持って行きすぎたと言う反省から、今回はかなり荷物を絞りました。

【サドルバッグの中】
チューブ2本、携帯工具、チェーンカッター、予備チェーン4コマとコネクターピン、針と糸(サイドカットした時縫う用)、PARKTOOLタイヤブート、CO2ボンベ×2と空気入れのノズル、タイラップ数本

バックパックの中身】
レインウエア(モンベル ストームクルーザーの上)
ウインドブレーカー(パールイズミのポケッタブル仕様)
ファーストエイドキットとポイズンリムーバー
CO2ボンベ×1

【携行食】
パワーバーチョコ味(スタート前に食べる)
カーボショッツ ワイルドビーン×3(ジェルフラスコに入れて水でちょっと薄める)完食
アミノバイタルゼリー飲料×1.5(ジェルフラスコ満タンに入れ、余りは飲んじゃった)完食
黒飴数個(途中2個食べた)
水1.2L(ハイドレーションの中へ入れた。最後の登りの最中に飲みきった)
グリコCCDドリンク×1(ボトルの中に入れて、最後に飲みきった)

【ウエア】
SKINS A400コンプレッションタイツ&アームカバー
インナーウエア(ファイントラック フラッドラッシュスキンショートスリーブ)
コロンビア ショートスリーブサイクルジャージ(ショッキングピンクw)
Polaris ビブショーツ(ちょっと小さくて、途中何度か◯◯が痺れたw)

去年と比べると、だいぶマトモな装備になったな。

ついでに自転車は前回と同じTREK6500
P9180277

今回の工夫は、ハンドルの上にバーテープを巻いたこと。
309031_235617589824182_1000012782_2
下りの振動で指がしびれるのを軽減するためです。このアイデアは弱虫ペダルの作者の方のアイデアをパクりますた。効果有りですので、私のように手の大きい方にはオススメ。

あとは、去年同様ダウンチューブの下とサドルの下にフェンダーを装備。コレが有ると無いとでは、快適さが全然違います。特にフロントフェンダーは必需品!

そんでもって、サイコンはGARMINのEDGE500!
P9180276
じつは、腕時計(スントのVector)を車に置いてきてしまい標高が判らなくなったので、スタート前に表示画面をカスタマイズして標高表示を追加しました。便利だぜ、EDGE500!!
表示内容は、どーせレース中はケイデンスも心拍数も気にしてる余裕が無いので、速度、走行距離、経過時間、傾斜、標高を表示。ケイデンスや心拍数を表示させた画面もボタンひとつで呼び出せます。

スタートまでまだ時間が有ったので、シゲピンさんと更にくだらない話をしつつトイレに行ったり、パワーバーを食べたりして待ちます。

P9180266
スタート地点のちょっと前に並ぶ吉田猫次郎大兄。
ダイエット効果が著しい!

そうこうしてるうちにスタートです。
P9180267

ダムまでの舗装路の登りは、ウオーミングアップの続きの積りであまり頑張らず流していく。早い人にはどうせ抜かされるので。

ダムの直後から始まるダートの急登り、自分のペースでクルクルまわして行きます。
去年と全く違うのは、自分のペースさえキチンと守れば全く止まらずにどんどん登れる事。去年は登りで抜かされることは有っても抜くことは皆無でしたが、今年は遅い人をじゃんじゃん抜かせました。朝練に登りコースを取り入れた成果です。(あとは、軽量タイヤのお陰w)
最初の登り区間は、カーボショッツの飲むためにちょっと止まった時以外は休憩なしで全然OK。去年は何回止まったっけ。。。今回は、本気モードだったので道中の写真もほとんど撮ってません。

今回導入したHutchinsonのCobra
、名前だけで気に入りリアクションバイトしたのですが、このタイヤは凄い。
とにかく軽量で転がり抵抗が低いので、グイグイ登れるし、滑り出しが緩やかなので下りの砂利のコーナーとかでも流しながらクリッピングポイントを超えても不安感無し。無論軽量な造りなのでサイドカットには注意が必要だけど......ちなみに帰宅後確認したらリアタイヤにパンク跡が1箇所有りました。(シーラントが塞いでくれてるので無問題)

今回もパンクの神様の降臨は無しでした♪

長い下りも快調に飛ばし、CPも素通り!
また登りです。。。でもワイルドビーンのお陰でまだまだ大丈夫!
着実にクルクルまわして高度を稼げる。
P9180272
前半冠っていた雲が抜け、木曽御嶽山がめちゃめちゃ綺麗でした。
ちょうどこの頃友人が登ってたみたい。

登り切ったあたりでアミノバイタルを補給。
安物なイメージのSRサンツアーのフロントフォークAXONですが、キチンと仕事してくれるので下りも去年と比べたら天国と思えるくらい楽。去年は80mmストロークのサスにVブレーキだったもんなぁ。。。。

最後の登りの最中にハイドレーションの水を飲みきってしまいました。でもボトルの中は半分位残ってたので、途中に何箇所もある天然エイドステーションも素通り。
ラストの長い下りは、途中までの路面と違いガレガレだったのでややペースを落として走る。流石に振動が凄くブレーキレバーにかけた指がしびれる。ストレートでは片手を離して休ませないとブレーキが掛けられない。

去年は、リアのスポークが緩みだしてウネウネしてた辺りも、快調に飛ばす。やっぱ信頼できるバイクはイイよね!

なんかあっと言う間に舗装路に出てきた気がする。あと2キロ!!

全開で漕いで途中何台か抜かし、気がついたらゴールの橋が。

メーター読みだと3時間24分。

公式記録
だと3時間25分21秒、174位でゴールでした。

P9180278
ゴール直後、泥だらけなクランク周り。

なんか、今回はあっという間の42キロでした。王滝42キロはスプリントレースだって意味が何となく判ったのと、このコースを3時間半で終えちゃうのは勿体無いなって気がしてきました。

つまり、来年は


100キロ挑戦します!!(言っちゃったw)


今の自分に、王滝100キロ走りきれる気が全くしないんですけどwwww

|

« セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク42km 準備編 | トップページ | 里山用タイヤ »

コメント

ペペロンチーノ、おいしそっ!(って、そこかい)

5月は似た者同士だったのに、なんだかおいてけぼりにされちゃったような、すばらしいレース! ナイスです。来年は一緒に100km行きましょう。ワタシはCP1クリアが目標ですけど(汗)。

預言者のお告げ…「来年も土管橋だぞ」

投稿: ガーデン | 2011/09/26 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24071/52843019

この記事へのトラックバック一覧です: セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク42km 2011年秋:

« セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝 クロスマウンテンバイク42km 準備編 | トップページ | 里山用タイヤ »